経済・評論・ビジネスなど一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

「ビミョーな未来」をどう生きるか 藤原和弘 ちくまプリマー新書

もう右肩上がりではない。それはわかってる。日本社会は、経済は、破綻している。それもわかっている。じゃあ、とうして生きる?その答えが「ビミョーな未来をどう生きるか」で展開されています。藤原和博さんの、先ずは基本の書。

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門 森岡毅 KADOKAWA

実践マーケティング。これを読むと一気に5年分くらいの勉強が進化します。マーケターに限らず、ビジネスの世界で活躍したい人は絶対に読むべき本。なるほど、そういうことか!とマーケティングが実践的に理解できます。

世界はシステムで動く いま起きていることの本質をつかむ考え方  ドネラ・H・メドウズ 枝廣淳子 訳

システム思考を勉強しようと思って購入したのですが、まさかの日本語訳が意味不明。あまりにも残念すぎて、皆様にもオススメできません。編集者の方、マジ、お金を取って販売するなら、最低限の仕事はしてください。

日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか  矢部宏治  集英社インターナショナル

安倍晋三氏が集団自衛権にこだわるのか、それはちょっと別の話なのですが(『新・戦争論』に書いてありますね。)、でも、アメリカ軍にとっては集団自衛権って既に織り込み済み。ということも、この本を読めばわかります。まず、立憲国家ではないのですね、日本は。改憲論の人も、9条を守りたい人も読むべし

新・戦争論 池上彰・佐藤優  文春新書

今、そこにある危機。世界の紛争はなぜ起こっているのか、やまないのかをハイレベルのインテリジェンスと見識で、二人の会談という形で解説。安倍晋三のこと、集団自衛権のことも、よくわかる。今を生きる人の必読書だと思います

スポンサーリンク