噂   荻原 浩    新潮社

シェアする


噂   荻原 浩   新潮社

『噂』 荻原 浩 ←本書をamazonでチェックするのはここをクリック!

サイコサスペンス。まさに、その通り。
口コミ=噂を使って、新しい香水を売り出すという、まあ、広告代理店に勤務する私としては、ちょっと恥ずかしい戦略から始まるストーリーなのですが、これが怖い、怖い。ヤバい、ヤバい。

『噂』 荻原 浩 新潮社

噂 荻原 浩。 新潮社。
これ、まじヤバいっす。
「レインマンが出没して、女子の足首を切る。でもミリエル(売り出したい香水の名前ね)を付けていると狙われない」そんな噂をプロモーションとして女子高生を使って流すのです。噂は都市伝説化して、戦略成功……しかし……現実のものになっていくのです。

通勤や通学で、退屈しない本を探している方には、うってつけ。「噂」を読み始めると、例え3時間の通勤時間でも(そんなに長い人はいないと思いますがw)、電車が降りなければいけない駅につく頃は、「え、もう着いちゃうの、もっと読みたいのに……」という気持ちになるはずです。

とにかく、女子高生たちを中心にした、サイコサスペンスは、宣伝文句どおり、戦慄で、ストーリーもよく出来ています。
それだけで、十分に満足なのですが……。

でも、本当にヤバいのは、この小説のラスト1行。
私は、これまで、そこそこたくさんの小説を読んできたつもりですが、この最後の1行には、愕然としました。
出版している新潮社の帯にも
「衝撃の ラスト一行に 瞠目!」と書いてありますが、十分以上に、瞠目してしまいました。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


スポンサーリンク