キネマの神様  原田マハ  文春文庫

シェアする

キネマの神様

ベタです。ベタ。
原田マハさんの小説、既に何冊か読ませて頂いていますが、その中でも、ベタな方だと思います。
ところが……、このベタさにやられてしまうんですよね……。
私は、「キネマの神様」のクライマックスシーンを、丁度飛行機の移動中に読んでいて、
不覚にも涙を流してしまいました。キャビンアテンダントの女性の目線を気にしながら、泣いてしまいました。

キネマの神様 (文春文庫)
原田 マハ
文藝春秋 (2011-05-10)
売り上げランキング: 7,471

映画を再び見るようしてくれた「キネマの神様」

さて、本作は、数年前の作品で、インターネットに関わる記述は少し、既に時代を感じさせられてしまうのですが、それでも、十分に読むべし、と思います。
主人公は、39歳独身の女性。物語は彼女の挫折から始まるのですが、彼女の父親も十分に挫折というか、もうダメダメで、お母さんも、わかわからず……。
でも、映画をきっかけにして…………
ここからは、読んでからのお楽しみ、ということでしょう。

私は、「キネマの神様」を読んでから、ドーンとした映画ではないけれども、魅力的だなあ、見てみたいなあ、と思える映画を、実際に文化村やらシネスイッチなどに足を運ぶようになりました。
とこらが……多くの映画が、予告編のほうがはるかに面白い……。
困ったなあ……。

でも、原田マハの「キネマの天地」は、間違いなく、面白いですよ。

✦ランキングにひと押し、お願いいたします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


スポンサーリンク