徹夜しないで人の2倍仕事をする技術 三田紀房流マンガ論  そして「ドラゴン桜」 三田紀房

シェアする


「ドラゴン桜」は、学力の低い(と思われている)高校生が、東大合格を目指すコミックだ。
ハッキリいて面白い。ドラゴン桜は受験にも役立つけど、仕事や他のことにも役立つと思う。
特にマーケティングに関して、考え方に刺激を受けた。
[ad#co-4]

ドラゴン桜 全21巻完結セット (モーニングKC)
三田紀房
講談社
売り上げランキング: 8,610

で本書は……「徹夜しないで人の2倍仕事をする技術」とあったので、私も自分の徹夜に近いことを何日も行うようなことがあり、昨今の働き方革命の流れからも、ぜひ読んでみようと思った。
けど、このタイトルの内容が一般化されているわけではなく、そこは余り参考にはならなかった。
が、別のことが猛烈に参考になった。
それは、何か物語を考える時。
まあ、私自身がストーリーを考えることはめったにないのですが、何か企画を考えたりする時の参考になる話はしっかり書いてありました。
特に、企画の方向性が決まっていない時。
私の仕事は、企画の方向性を決める仕事なのですが、これから本書の内容を参考にできる、と思いましたね。
[ad#co-4]

ということで、今回は、「ドラゴン桜」含め2タイトルを紹介します。

✦ランキングにひと押し、お願いいたします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク