ハードボイルド・エッグ 荻原浩 双葉文庫

シェアする


【今日の一言】
終盤に、裏切られた!
いい意味で。

ハードボイルド・エッグは直木賞受賞作家、荻原浩の初期の作品。
タイトルからも連想される通り、ハードボイルドに憧れる私立探偵の物語。

面白いかどうか、と言われると、正直微妙だと思います。
序盤が、私には長すぎました。引っ張り過ぎかな……。

探偵のアシスタントも何となく予想がついて、まあ、そうかな……なんて思って読み進めました。

が、しかし。
流石、後の直木賞作家。
このサイトで、荻原浩さんの「噂」を紹介していますが、このどんでん返しには度肝を抜かれたのですが、
「ハードボイルド・エッグ」でも、終盤の展開にはやられました。
まさか、まさか、という感じ。

栴檀は双葉より芳し、というのも直木賞作家に対して失礼ですね。
でも、終盤はグイグイ惹きつけられました。

人生で裏切ったり、裏切られることは、あまりいいことじゃないかもしれませんが、ミステリーで裏切られるのは、本当に気持ちいいものですね。
「ハードボイルド・エッグ」を読み終わったら、
次は、直木賞受賞作「海の見える理髪店」を読むか、それともチャンドラーの「長いお別れ」を読むか。
それが問題だ。

ハードボイルド・エッグ 新装版 (双葉文庫)
双葉社 (2015-05-15)
売り上げランキング: 41,210

✦ランキングにひと押し、お願いいたします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村